少ないコストで配信できるfaxのdmに対するクレーム対応

少ないコストで宣伝活動ができるfaxのdmですが、少なからずクレームは発生します。これは一般的なダイレクトメールのような印刷コストがかかりませんし、配送するための費用も不要です。その代わりに、配信先の複合機などを利用するので、紙やインクなどを使用させることになります。そのために何かしらの苦情を受けたら、まずは謝罪することが大事です。相手先に負担をかけているという自覚を持つ必要があります。その上で、苦情の種類によって適切な対応をすることが大事です。例えば間違った番号に配信したために、本来は法人相手であるはずが個人宅へ送ってしまうことがあります。このような事態とならないために、最低限リストにある顧客候補の番号の管理をしっかりと行っておくことが重要です。

寄せられる苦情の種類と対策について

ファックス番号は法人のものを使うので、個人情報保護法には適用されないfaxのdmですが、クレームもいろいろとあります。法的には問題ないとしても、何かしらの不快感を与えたことに謝罪することが大事です。その上で、どのような対応をするかが大切ですが、苦情の種類によってその方法は異なります。過去に配信停止を申し出た相手に対して、再び送信してしまうことがあります。このような事態がないように番号の管理を徹底して行うことが大事です。あるいは配信サービスを利用して管理してもらうのも効果的です。ファックスの配信サービスでは、番号のリストを渡すだけで効果的な配信活動を行ってくれます。限られた紙面でどのようなデザインレイアウトをすれば効果的なのかも分析しています。

効率的な配信方法と宣伝効果を高める方法

自社でレイアウトなどを全て決めてfaxのdmを送るのも良いのですが、クレーム対応も含めて配信業者に任せるのも良いでしょう。配信停止を希望する番号は今後使用しないように管理され、部署間でも共有しています。あるいは、相手企業によってどのような案内を送れば効果的なのかもしっかりとデータに残しています。社内での他の部署でリストを利用する場合、トラブルがあった履歴などもきちんと共有されるので、無駄に苦情を受けることもなくなります。さらに的確に相手企業が必要とする情報を提供できるので、ビジネスチャンスの拡大につなげることができす。ファックスという制限の多い誌面でいかに細かな情報を伝えるのか、豊富なノウハウを持った専門業者に頼むことで費用対効果を高める事ができます。