事前のクレーム対策がfaxdm成功の秘訣

ファックスによるダイレクトメールは他のダイレクトメールに比べて費用対効果が高いという特徴があります。郵送費に比べ通信費の方が費用がかからないこと、原稿1枚用意すれば印刷費がかからないことなどの理由からコストが抑えられます。届いた瞬間にダイレクトに目にすることになるために開封率は100%です。
一方でいきなりファックスで広告が送られることが迷惑だと感じる人がいることもまた事実です。苦情が多くなれば対応に時間や手間を取られることになります。企業の信用力を失うことにもなります。苦情をゼロにすることは困難ですが、苦情の原因を知りあらかじめ対策を打っておくことで苦情を防ぐことが大切です。苦情を防ぐとこができれば、ファックスによるダイレクトメールは有効な広告手段として活用できるでしょう。

faxdmはなぜクレームになるか

ファックスでダイレクトメールを送ると少なからず苦情になることがあります。しかし、その原因を知っておくことで苦情を最小限に抑えることができます。
ファックスを送った場合には相手先の印刷用紙やインクが消費されます。見知った相手からのものならともかく面識のない相手から突然関心ない広告が送りつけられ、そのコストを自分で負担しばければならないとなれば、どうしても苦情に発展しやすくなります。
また、受信中は電話回線を占領してしまい、他の電話に出ることができません。個人事業主などの小規模事業者の場合はファックス回線と電話回線が同じ場合が多く、送信容量が大きく受信に時間がかかりすぎると苦情になる場合があります。営業時間をさけて早朝や深夜に送信すれば、迷惑ファックスとして苦情になる可能性もあります。

faxdmのクレーム対策の重要性

クレームは宝の山などとも言われていますが、宣伝広告手法についての苦情はイメージを損なうものでしかありません。苦情を避けるにはあらかじめ対策を立てておくことが重要になります。
相手の興味を引く内容をメインにして原稿を作成することで苦情を防ぐことができます。商品やサービスの宣伝ばかりよりも、業界ニュースなどを入れて相手に役立つ情報だと認識されれば苦情は少なくなります。
また、送信不要通知欄を設けて今後不要の場合は返信してもらう、原稿は簡潔に1枚にまとめ詳細はホームページに誘導する工夫をして送信時間を短くするなど、相手への配慮が必要です。そして、受信拒否通知を受け取った場合は送信リストからすぐに削除しなければなりません。リストの管理クリーニング作業は苦情を大きくしないための重要ポイントです。